私が宝くじを当てるために行っている努力

こんにちは。私は宝くじ歴5年のくまいちごと申します。
購入しているのは年末ジャンボのみで、10枚連番で毎年購入しています。
年に1回のお楽しみとして、当たったら良いなという気軽な気持ちで楽しく購入しています。

気軽な気持ちで宝くじを購入していますが、やはり当てたいという気持ちはあるので、当たるための努力をしています。
そこで今回は私が実際に行っていることを5つ上げていきたいと思います。

①同じ店で10枚単位をこつこつ購入する
地元で当たると有名な売り場で毎年買っています。5年間ずっと同じ売場です。
あくまでこれは私の考えなのですが、同じ売場でこつこつ買うと、例え外れていたとしても「運」が積み重なっていくような気がするのです。有名な売り場なので混雑はしているので、私はあえて「大安」などの縁起のいい日には買わないようにしています。混雑に巻き込まれるのは嫌ですし、縁起のいい日を狙ってくる人は欲が強い人達ばかりです。
きっと宝くじの神様もお疲れになるでしょうし、神様が休憩するであろう日にちで購入することによって、印象に残ってくれたらなと勝手に思っています。

②当選番号発表まで掃除を欠かさない
玄関や水回りなど金運の通り道になるところは毎日掃除します。風水などで聞いた話なのですが、玄関などが汚いと金運は寄ってこないそうです。また玄関に対面した鏡は金運を跳ね返してしまうそうなので、宝くじ期間中はカバーで隠すようにしています。
お財布も毎日キレイな布で拭くようにしています。金運に直接繋がることは特に気をつけて行動するようにしています。

③保管は黄色の布に包んで仏壇や暗い場所に
宝くじの保管にも気を遣っています。宝くじ専用の黄色い布にキレイに包んで仏壇や神棚、または暗い場所に保管します。そこも毎日掃除をします。宝くじ券は水気を嫌うそうなので決して水回りには置かないようにしています。掃除も水拭きのあとに乾拭きを必ずしましょう。
私が特におすすめする保管場所は仏壇です。仏壇は毎日拝むものですし、掃除をこまめにしたらご先祖様も喜ぶのではないかと思います。

④ゲンを担ぐ
これは気分によってやるかやらないか決めるのですが、高額当選を出したことのある方が行っていたことを「ゲン担ぎ」として行動してみるというものです。例えば金運を司る神様がいる神社にお参りに行くとか、願掛けしていただいたものを宝くじと一緒に包んで保管するなどです。私は神社で購入した金運のお守りを一緒に包んで保管したことがあります。
毎年傾向が違うそうなので購入前に調べてチェックするのも忘れずに。

⑤あまり欲を持たない
最後は自分の気持ちの問題です。宝くじを購入する人はどうしても当たりたいという強い希望や欲を持っていると思います。ですが、お金は強い欲から逃げていく傾向にあります。現に26年度に高額当選した方はそういった強い欲は持っておらず、購入動機も「夢を持ちたいから」という方が多かったようです。それで高額当選を掴み取るってかっこいいなと思い、私も実践しています。

最後に、宝くじは楽しむくらいがちょうどいいといいます。
高額当選したい、働かずに一生過ごせるお金が欲しいという気持ちはわかります。
でも、宝くじは当選確率的にとても狭き門です。多分地道に働いたほうがいいときもあります。
宝くじの収益の一部は福祉活動や慈善活動に使われます。一種の寄付と思って「当たったらラッキー」ぐらいの軽い気持ちで購入するのをおすすめします。