知人が宝くじ1億円に当たったときした手法を全部紹介

知人のS君が宝くじに当たったときにした手法を全部紹介シェアします。

 

まずはじめに、なぜ私が知人のS君に宝くじが当ったときの手法をわざわざネットでシャアするかについて説明します。

 

その理由はS君にこういわれたからです。

 

「この方法は別の宝くじ長者に教わったもので、じっさいにこの方法をぜんぶやって僕は宝くじを当てた。これを守らなくても当る人は当たるだろうけど、これは原理原則だから、守ったほうが当りやすい。そしてその方法のなかに情報のシャアというのがある。だから君もだれかと情報をシェアしてほしい」

 

わかりますか。

 

だからあなたに教えるのは、私が当るために必要だからなのです。

 

というわけで説明していきます。

 

①この宝くじの当る情報をだれかに教える。ただし全部じゃなくていい。具体的にいうと、わたしは全部いいましたし、彼も全部教えてくれましたけど、全部教える必要はありません。かいつまんでいうだけでもいいです。当る情報とか、シャアするといいらしいね。というだけでもそれはそれでいいらしいです。与えると与えられるといいますが、情報をシェアするのは、運を引き寄せる力があるそうなのです。

 

②宝くじの当りやすい売り場で買う。これは盲点ですが、宝くじの当りやすい売り場というのがあります。そういうところで買えばいいです。宝くじ当選者が購入した売り場データ・住所を公開!などを参考にして、購入しましょう。

 

③騒音を出さない生活をこころがける。できるだけ静かに生きていると運気がよくなるそうです。最悪なのはバイクや車の爆音です。こういうことをして、人にイヤだなうるさいなという気持ちをもたせると、かならずといっていいほど金運が下がるそうです。とにかく静かに生活しておくと運気は静かなぶんだけあがります。もともと運気が高くても騒音を出すたびに下がります。静かにするようにこころがけると、運気は急回復します。

 

④外でゴミなどを燃やさない。そんな人はいないでしょうが、例えば家の庭や畑などで、ゴミなどを燃やす人がいます。住宅地でバーベキューなども同じです。こういう人は金運がもともとよくても、急下降します。1回すると金運が3割以上低下するそうです。外でものを燃やしたりしなければ、運気は回復します。

 

⑤掃除をする。掃除をマメにすると運気が良くなり、宝くじが当りやすくなります。

 

⑥人の悪口をいわず、ほめる。人の悪口をいわずほめるようにすると、運気がよくなり当りやすくなります。

 

いじょう6点が当りやすくなる方法です。

 

②⑤⑥あたりは有名ですが、①③④あたりは結構盲点だと思います。

 

私もバイクとかじゃないですが、音楽を大音量で聴くのが好きでしたが、今では3分の1くらいの音量で聞きだしてから、宝くじの当選確率が少し上がってきました。

 

それでなぜかもてるようになったので、静かに暮らすのが好きになりました。

 

知り合いの親戚が、けっこうなお金持ちだったのに、野焼きを頻繁にしていたところ(その地方では野焼きがふつうだったらしい)、火事で会社が全焼。重要なデータが全消失してしまい、失意のなか亡くなったそうです。

 

その火事が野焼きが原因かといえば、そうではなく、なにか自然災害的な運の悪いことだったという話を聞いて。ますますビビリました。

 

それいらいバーベキュー場以外ではベーべキューはしていませんし、外でタバコも吸っていません。

 

そういうふうにしてから、臨時収入が増えました。

 

いじょうカンタンではありますが、シェアしておきます。